ソーシャル

製作または改造したヨーヨーをメインにその他いろいろ製作したものやコレクション等、こちらでアップしていこうと思ってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009JN Modsコンテスト結果

HPのアップロードがトラブルのため出来ないので、こちらで全出品作を紹介します。

2009JN(Japan National Yo-Yo Contest)、Modsコンテスト出品作品

出品作品を紹介します。
説明文が無かったものや、お話が聞けなかったものに関しては詳細が分からないものもあります。ご了承下さい。

また間違った解釈等あるかも知れませんので、その場合メール等でお知らせいただければありがたいです。

今年は昨年と同じ21点の出品がありました。

旋盤での加工が多くなり、精度もかなりレベルアップして、中にはプロの方(金属加工業者さん)からの出品もあり、正直審査に困りましたが、楽しい作品も多く、とっても良い刺激を受けました。

今回も昨年と同様の審査基準を元に、新規性3項目、デザイン4項目、競技性3項目の合計10項目をそれぞれ10ポイントとし、最高得点100点で、審査しました。

そして今回は特別賞として2点を選びました

並び順は得点の順に並べてありますが、個人的な見解が多くなりますので(Modsレンジャーメンバーに手伝ってもらい、今回は2人での審査となりました)、必ずしもヨーヨーの良し悪しの順位ではないということをご理解いただきたいと思います。

第1位
09jn01-1.jpgヨーヨー名:GT
出品者:ほっしーさん

スカイラインのレースカー(ラジコン)のフロント周りを切り取り、ディスプレーされてます。




09jn01-2.jpgタイヤの形をしたヨーヨーかな?と思いましたが・・。








09jn01-3.jpgタイヤは飾りで、ホイール部分がヨーヨーになってます。








09jn01-4.jpgベースヨーヨーはフリーハンドZERO

ボディ内側中心部をストレートに削ってあります。
センターロック風のナットの先端にアルミパーツが付いていて、それが回転してテラーとなります。




01-5.jpgさらにキャッチしてヨーヨーの回転が止まると、中のブレーキローターが惰性で回転するというギミックもありました。

ということで、メインのベアリングを含めて合計5個のベアリングが使ってあります。





01-6.jpg回転時には赤く光ります。(ファイヤーサーキットを使用)

これだけの部品が詰まっていて、重量が71gです。
真鍮リングも入ってます。

使用も問題なくきれいに回転します。

そしてボディカラーのレッドもとっても綺麗です!

01-7.jpg01-8.jpg説明文もも分かりやすく作ってあります。

実はほっしーさんは昨年の「Hなパンダ」に続き2連覇です。(ハンドルネーム変わってますが)











第2位
09jn02-1.jpgヨーヨー名:One Drop
出品者:しがさん

アクリルの丸棒から削り出されたフルスクラッチで、水の雫が落ちた時の波紋をイメージされた作品です。

女性らしいとっても綺麗なヨーヨーですね。


09jn02-2.jpg飾り台のブルーが透けて見えてこれまた綺麗です。

ストリングもブルーとホワイトのハーフになってます。






02-3.jpg削り出したアクリルをここまで透明に磨くのはかなりの技術と努力?が必要だと思います。
僕なら途中で投げ出しそうです(笑

まるでクリスタルのようですね!




02-4.jpgまるでジュエリーのパンフレットのような説明文です。









第3位
09jn03-1.jpgヨーヨー名:The 7~SEVEN~
出品者:よしたさん

ステンレス板を使ったフルスクラッチ





09jn03-2.jpg直線的な形ですが、普通に使えます。

少々重量があり、キャッチ時は手にゴツンときますが、その分回転力もありますね。






03-3.jpgそしてこのヨーヨーのコンセプトは旋盤を使わず、板をプレスして作るという今までにない製作方法です。

この形を展開した形のステンレス板を切り、プレス機で曲げ、それぞれを溶接、研磨で仕上げられています。




03-4.jpg
第3位 (同点)
09jn04-1.jpgヨーヨー名:UMEDA
出品者:たくまのパパさん

大阪をテーマに作られた、観覧車ヨーヨー





09jn04-2.jpgトイザらスの89円ヨーヨーをベースに、観覧車のおもちゃを合体させたもの。

「グラビティープルしかできない」とのことですが、下がったヨーヨーが上がってくる、というのはヨーヨー本来の動きです。立派なヨーヨーだと思います。

というより、進化し続けるヨーヨーの中であらためてヨーヨーの楽しさを感じた作品です。


04-3.jpgこちらは使われた観覧車のおもちゃの原型

高速回転する観覧車はなかなかの迫力です(笑






04-4.jpg親子での対話形式の楽しい説明文です。









5位 特別賞
09jn05-1.jpgヨーヨー名:ヨーヨーペットボトルコーティング
出品者:イゴーカバブさん

ヒビの入ったジャムヨーや新しく買ったメタルヨーヨーなどの保護
作品のようにペイントされたボディの保護にもいいですね。




09jn05-2.jpgペットボトルの肩の部分にヨーヨーを入れて、ヒートガン(ドライヤーの強力なもの)で、熱を加えると縮みます。
その後はみ出た部分をカットすれば完成です。

壊れたヨーヨーの補強やボディの保護、そして使う材料がペットボトルのリサイクル、ということで、エコ賞ですね。
ヒートガンはあまり一般的ではないですが、ドライヤーでは縮まないでしょうかね?
ちょっと興味があるので自分でも是非やてみたいです。

09jn05-3.jpg

JNModsコンテスト初の海外からの出品です。(フィリピン)

出品は日本の方に限ってないので、これを期にもっと国際的になったらいいですね。








6位
09jn06-1.jpgヨーヨー名:C-wheel
出品者:土井さん

カーボンファイバーとアルミを使ったフルスクラッチ





09jn06-2.jpgハブとリムは別部品で、すり鉢状のカーボンでつながっている構造で、ブレもなく、使った人は「使いやすい!」という声が多かったです。







09jn06-3.jpgやっぱりカーボンはかっこいいですね!








06-4.jpgカーボンは型を作って成形されていて本格的です。











06-5.jpg06-6.jpg

7位
09jn07-1.jpgヨーヨー名:MAGNE JAM
出品者:Shimaさん

ブッダスリーパーヨーヨーのスタック部分を改良したもの





09jn07-2.jpgなんとベアリングは使わず、マグネットによるブッダスリーパーです。

1点しか当たってないので、抵抗はかなり軽減されますね。
記録は25分35秒でした!すごい!!





09jn07-3.jpgストリングにもマグネットがセットされてます。









8位
08-1.jpgヨーヨー名:Diabolus(ディアボロス)
出品者:banさん

卓上旋盤を使ったアルミのフルスクラッチ





08-2.jpg旋盤があればこのようなダイナミックな形も作れるという見本のようなヨーヨーです。







08-3.jpg左右のばらつきもなくよく出来てます。

ペイントでの赤もかっこいいですね!






08-4.jpg08-5.jpg











08-6.jpg
断面の形のイメージ











9位 特別賞
09jn09-1.jpgヨーヨー名:洗濯機
出品者:Zetaさん

洗濯機をイメージしたフルスクラッチ





09-2.jpg洗濯機本体は分解式で、底にはベアリングがセットされていて、ヨーヨーをセットして回転させる仕組みになってます。

そしてヨーヨーには塗料の空きビンがセットしてあり、その中にベアリングとパーツクリーナーをいれて回すとベアリングの洗浄ができるという、ヨーヨーを使って楽しみながら本当に役に立ってるっていうところが面白いです。


09-3.jpgヨーヨー本体は少々軽いものの、ちゃんと使えます。








09-4.jpg09-5.jpg











09-6.jpg09-7.jpg











09-8.jpg09-9.jpgアクリルパイプを雄型にして、シリコンで型を作り、そこにレジンを流して製作されてます。











10位
10-1.jpgヨーヨー名:DTSヨーヨー
出品者:こうたろうさん

DTS(ダウンタウンスピナーズ)という中学生のチームだそうです。

テーブルの足の廃材を利用して製作されたフルスクラッチ



10-2.jpg中には金属ウェイトが入っていて、50gになっていて、使いやすい重量になってます。

電動ドリルを使い、形も綺麗に整えられてますね。





10-3.jpg

11位
11-1.jpgヨーヨー名:バックブレーダーDNA
出品者:NBさん

昨年に引き続きミニ四駆コラボヨーヨーです。

YYFのDNAをミニ四駆カラーにペイントされた作品。



11-2.jpgこのミニ四駆がアメリカ代表機になっているそうで、スタックもアメリカ国旗をモチーフにペイントされてます。

さらにこのスタックの塗装は畜光ペイントで暗闇で光ります。

そして単に塗装してあるわけでななく、中心部分より外側部分の方が最終のクリアー塗装を厚くなっていて、回転力アップを狙っているという、機能面もグレードアップされている凄さです。

11-3.jpg

12位
12-1.jpgヨーヨー名:フリーハンドゼロ
出品者:tezさん

中心を軽く、LCリング装着で回転力アップを狙った作品





12-2.jpgチタンアクセル、アルミナット、ボディのローエッジ化で中心部の軽量化

さらにナットの先端を限界まで削るという徹底ぶりです。

ベアリングはパイロサイズでギャップも広くなっています。



12-3.jpg

12位
13-1.jpgヨーヨー名:ホイールズモッズ
出品者:中村さん

大人気の超ロングセラーのホイールズをベアリング化





13-2.jpgベアリングはヨメガサイズですね。








13-3.jpg

14位
14-1.jpgヨーヨー名:雷鳥~サンダーバード
出品者:マサシさん

町工場の職人さんとの共同作業で、汎用旋盤で製作されたフルスクラッチ




14-2.jpg金色の模様はシールですが、とっても豪華な印象ですね。








14-3.jpg極力ストリングがボディに当たらないように、エッジを限界まで削った形状です。







14-4.jpgジャム大径ベアリング

パッドのギリギリまでボディが削ってあるのがわかりますね。






14-5.jpg今回のサンダーバード完成までに2つのプロト製作されたようです。

内部(ベアリング部)構造不良や、重量不足等だそうですが、やはり新しくひとつのものを完成させるには失敗はつきものですね。
僕も新しいものを作るときはよく失敗作を作ります(笑




14-6.jpg14-7.jpg











14-8.jpg14-9.jpg











14-10.jpg断面の形状です。

これを見るとかなりの外側に重心が寄っていることがわかりますね。










15位
15-1.jpgヨーヨー名:Ti~prototype
出品者:真下さん

こちらは、出品者の方がお勤めになっている会社での事業として製作されたチタン製ヨーヨー




15-2.jpg商品として開発されたヨーヨーということでしたが、少々ブレが生じていました。

チタンヨーヨーは僕も作ったことがありますが、比重がアルミの約1.5倍なので、中心部は特に全体を薄くつくらないと同じような重量になりません。

そのため歪が生じやすくなるので、製作はかなり慎重にやる必要があります。
15-3.jpg個人的にチタンの黒っぽい輝きは好きですね。








15-4.jpg

16位
16-1.jpgヨーヨー名:ブッダホイールズ
出品者:てんちょさん

なんと最大80分回り続けたというブッダスリーパー専用マシン!?





16-2.jpg裏を見ると・・・

電池が入ってます!
実は室内ラジコンヘリコプター用の極小モーターが軸の中に仕込んであります。

その軸も自作で、先端にはピニオンギアが付いていて、それでテラーパーツを回す仕組みになってます。

16-3.jpg誰もが一度は考えたことがある?電動ヨーヨー。

もちろん公式記録にはなりませんが、この勢いで回ると面白いですね。

次はブッダではなくてヨーヨーとして回る電動ヨーヨーを期待します(笑



16位
17-1.jpgヨーヨー名:くにゃっと戻ってくるFire Ball
出品者:K-Taroさん

どこがMods??





17-2.jpgナイロンベアリングの両端の出っ張ったところを削り、そこにOリングが両側に入れてあります。

スリープはしませんが、2重巻き3重巻きでスリープしなくした時とは違い、ヨーヨー名の通り、「くにゃっ」と戻ってきます(笑

僕はループが下手で、たまにむこうでスリープしたり、かといってスリープしないセッティングだとガツンガツン返ってきてあまりよろしくない。
しかしこれだとむこうに行った時に一瞬「くにゃっ」とするので、きれいなループが出来るような気がします。(あくまでも、「気がします」です)

18位
18-1.jpgヨーヨー名:隼-岡田チューン
出品者:勇者王さん

販売されてないカラーの組み合わせの2個一Modsですね。





18-2.jpg








18-3.jpg外したり、つけることは少々コツ(気合と根性)が必要なようです(笑

チャレンジしようと思っておられる方は自己責任でお願いします。







19位
19-1.jpgヨーヨー名:わかりません
出品者:WABEさん

NC旋盤で製作されたフルスクラッチ





19-2.jpgこれももう完全な商品ですね!









20位
20-1.jpgヨーヨー名:ミックスフルーツ
出品者:い~たむさん

5A専用ミックスフルーツヨーヨー(笑





20-2.jpgミックスフルーツの空き箱とサイコロキャラメルの空き箱でベースのヨーヨー(何か分かりませんが)にフルカバーされてます。

でもこれちゃんとヨーヨーできるんですよ。
ちょっとスリープ短いですが・・。





21位
21-1.jpgヨーヨー名:888修理してみた
出品者:いっちーさん

キズがついたリム部分をペーパーをかけて磨いたもの





21-2.jpgちょうど段がついているところだけを磨いてアルミ地が出ていて、これだけで雰囲気は変わりますね!










以上21点、出品されたみなさん、ありがとうございました。
昨年から、10項目の内容で審査するようにしたので、このように順位がつきますが、すべての作品からとても刺激を受けました。
またこちらの作品を見られて同じように刺激を受けた方も多いかと思います。
次回も是非とも開催したいと思っていますのでよろしくお願いします。

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://skonworld.blog105.fc2.com/tb.php/39-5348d451

 | HOME | 

Calendar

06 « 2017/07 » 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Appendix

s.kon

Author:s.kon

鳥取県

紺本 忍夫

本業:旋盤工

2004年ヨーヨー世界大会Mods部門で優勝してからヨーヨー作りやってます。
他には、映画「スケバン刑事 コードネーム麻宮サキ」のヨーヨー製作、日本テレビ「世界の果てまでイッテQ」の「ヨーヨーは何メートルまで戻ってくるの?」の巨大ヨーヨー製作

車、バイクも大好きで、時にはパーツの製作もやります。

Mail skon2002turbo@yahoo.co.jp



Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。