ソーシャル

製作または改造したヨーヨーをメインにその他いろいろ製作したものやコレクション等、こちらでアップしていこうと思ってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッドベクトル試作

ベクトルレッド-ブラックカーボン吊治具
電解液に浸けるための治具です。

ベクトルレッド-ブラックカーボン陽極酸化
電解液の中に入れて、陽極酸化処理です。
これをすることによって、表面に無数の穴を開けるそうです。(目には見えません)
陽極酸化処理後、染色液に浸けて、その無数の穴に染色液が入り込んで色が付く、という処理方法です。

ベクトルレッド-ブラックカーボン
出来上がった「レッドベクトル-ブラックカーボン」

少々ムラが出来たり、左右の色具合が違ったりで、まだまだ解決しないといけない問題はありますが、とりあえずは思った通りのイメージに出来ました。
これからもっといろんなパターンに挑戦します!

コメント一覧

そーだったのかー!まずは色を入れるための準備で漬け込んで
いたんですねー。
なんか電気流す道具みたいのも見えたし、実験みたいでどうなるんだろう
・・ってこの前の写真みて思ってたら。。q(°o°)p

イイ色がでましたね!カッコイイ!!
落ち着きそうな作業場も素敵だったし。特に椅子が。(笑

yuppieさん>
そうなんですよ、充電器程度のもので電気を流して色づけする作業という風に思っていたんですが、電気を流すのは準備段階なんですよね。

作業場も片付いたら本当に落ち着くようになったし、作業もはかどるし、本当に維持だけが問題です。
お酒のケースの椅子が結構しっくりくるんですよ(笑
買っても安いんだけど、なんかいいんですよねぇ。

いい光沢が出てますね~とても綺麗です。穴を開けると言うことなのですが、やっぱりグラインドもやりやすいんでしょうか?これだけいい色がでて、なおかつさらさらなのであればヨーヨーには最高の着色方法ですね。これからもいろいろ期待してます。

Re: タイトルなし

orize さん>
下地の状態がそのまま仕上がりに反映されるとのことなので、この場合サラサラ状態ではありません。
穴を開けるといっても目には見えない穴なんで、グラインド仕様のような表面にはなりませんね。
実験ではブラスト加工した面でも試しましたが、ほとんどつや消し状態で綺麗じゃなかったです。
ブラストもいろいろパターンを変えてこれからやってみようと思ってます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://skonworld.blog105.fc2.com/tb.php/26-6816a29e

 | HOME | 

Calendar

09 « 2017/10 » 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Appendix

s.kon

Author:s.kon

鳥取県

紺本 忍夫

本業:旋盤工

2004年ヨーヨー世界大会Mods部門で優勝してからヨーヨー作りやってます。
他には、映画「スケバン刑事 コードネーム麻宮サキ」のヨーヨー製作、日本テレビ「世界の果てまでイッテQ」の「ヨーヨーは何メートルまで戻ってくるの?」の巨大ヨーヨー製作

車、バイクも大好きで、時にはパーツの製作もやります。

Mail skon2002turbo@yahoo.co.jp



Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。