ソーシャル

製作または改造したヨーヨーをメインにその他いろいろ製作したものやコレクション等、こちらでアップしていこうと思ってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013JN Modsコンテスト結果

6月1日、2日の両日、愛知県名古屋市の「Winc Aichi 大ホール」にてJNが開催されました。

その中で、告知していた通り、第7回Modsコンテストも無事開催することが出来ました。

ということで結果です。

今回は11点の出品があり、そのまま製品になるようなものや、身の回りの物を使ったModsや、またとっても楽しいものまで、かなり幅広い出品でした。ありがとうございます!

今までもそんな感じではありましたが、特に今回は審査に戸惑いました。
こんな幅広い内容を同じ審査内容で順位を決めることが正しいのか??とも正直悩みましたが、前回同様の審査ということで告知していましたので、同様の審査で行いました。

最終的な結果としての点数はどれも僅差でしたので、今回は1位以外の順位の発表は控えさせていただきます。



第1位

ヨーヨー名:GOEMON
出品者:hiroyasuさん
2013jn_01-01.jpg
2013jn_01-02.jpg
2013jn_01-03.jpg

こちらは「Kamui」等を製作されている方で、商品化を視野にいれたもの、とのことです。

ボディはデルリン削り出し、和のテイストで箱根の寄木細工をキャップ部に使用し、ネジ式のアルミリングで固定してあります。
コンセプトとして、ルーピングヨーヨーはキャップが接着の物が多かったり、レスポンスがスターだったりで、ネジ部の破損や、スターの磨耗で、使い捨てになる物が多いことから、部品の交換で長期の使用が可能になる。

ヨーヨー本体の精度も完璧で、デザイン的にも素敵で、コンセプト的にもその通りに出来上がっていて、1位という結果になりました。
説明にも書いてありますが、メンテナンスを通して、ものづくりの楽しさを感じでもらいたい、というところも個人的には共感しました。





特別賞

ヨーヨー名:フィナキスト
出品者:そらさん

2013jn_05-01.jpg
2013jn_05-02.jpg
2013jn_05-03.jpg
楽しい作品が多い中、特に歓声が多かったのがこちらの作品で、急きょ特別賞とさせていただきました。
ところが僕自身も回すのが楽しくて、静止している状態の写真を撮り忘れてしまいました。すみません・・

使用ヨーヨーはビッグヨーです。
その中にフィナキストスコープという「のぞき絵」という手法を取り入れたもので、回してある角度からのぞいた瞬間、「お~!!」ってなるわけです。
本来は動画で撮るべきなんでしょうが・・

他にも回転するものに関連した物を取り入れるということで、楽しいヨーヨーができそうですよね!
ベンハムのコマは以前にもありましたね。






その他の出品作

順番は出品された順で、順位ではありません。



ヨーヨー名:アクリルサイドエフェクト
出品者:しがさん

2013jn_02-01.jpg
2013jn_02-03.jpg
2013jn_02-02.jpg

onedropヨーヨーのサイドエフェクトパーツをアクリルで製作したもの。
ノーマルパーツはアルミまたは真鍮製なので、中心部の軽量化にもなり、一番は見た目のデザイン性ですね。
黒のOリングの代わりに明るいカラー(装着してあるのはイエロー)のOリングを装着することによって、まるで電球が光っているかのような感じにも見える、女性ならではの作品です。
「これ、電球?」という声も多かったです。実は僕も最初にそういいました(笑





ヨーヨー名:100円モッズ
出品者:かんとくさん

2013jn_03-01.jpg
2013jn_03-02.jpg
2013jn_03-03.jpg

ダイソーで売ってる100円ヨーヨーをベースに身近なものを使って、さらに使いやすくしたものです。
ダンカンのMODスペーサーを使用し、ヨーヨー専用のベアリングも使用でき、さらにウェイトアップにホームセンターで売っているOリングを使用したり、手芸店で売っているバッグ用のハトメを使用したりと、だれでも手軽に使いやすいヨーヨーにすることが出来ます。
僕はすぐに削ってしまうことを考えますが、Modsの原点に返らされた気がしますね!





ヨーヨー名:MINT2A
出品者:くーさん

2013jn_04-01.jpg
2013jn_04-02.jpg
2013jn_04-03.jpg
2013jn_04-04.jpg

MINTIAのケースをそのままヨーヨーにしてしまった、ヨーヨーと=丸という概念を突き破った作品。
ちゃんと中心もとれてますし、ベアリングの装着してあるので、ちゃんと回り、ちゃんと戻ってきます。
専用のケース?って思ってしまいますが、ケースはメガネのケースです(ピッタリですよね!)
見る人は説明しないとこれがヨーヨーだとは思わないみたいです。
なんでここにMINTIA?って思ってたみたいです(笑





ヨーヨー名:グラットン
出品者:セバスチャンさん

2013jn_06-01.jpg
2013jn_06-02.jpg
2013jn_06-03.jpg

オリジナルヨーヨーを設計して、業者さんに製作依頼してつくられたヨーヨー。
実際に大会でも使用されたみたいです。
製作としてはプロの方なので、精度等は問題なくきれいに回ります。
4Aヨーヨーとしては直径も大きくなく、しかし幅広なのでトリックによっては非常に使いやすいらしいです。(実際にプレイヤーの方数人に振ってもらいました)





ヨーヨー名:独立
出品者:もっちーさん

2013jn_07-01.jpg
2013jn_07-02.jpg
2013jn_07-03.jpg



ベースヨーヨーはダンカンプロフライ
通常のボルトの頭とナットの部分にベアリングを仕込んで、左右のボディがそれぞれ別々に回転するヨーヨーです。(説明の絵参照)
プレイ中に片側のボディをつかんでももう片方が回り続けるというスタックヨーヨーとは違った不思議な感覚のヨーヨーです。




ヨーヨー名:ハブスタックフュージョン
出品者:Tomiさん

2013jn_08-01.jpg
2013jn_08-02.jpg
2013jn_08-03.jpg

ディフュージョンの軸回りが壊れたことをきっかけに、中国製スタック付きヨーヨーのスタック部をホームセンターで買ったネジを使用し、スタック付きにしたもの。
壊れたから捨てる・・じゃなくてカスタムする。これもModsの基本ですよね。





ヨーヨー名:ノーエッジ
出品者:はくめんさん

2013jn_09-01.jpg
2013jn_09-02.jpg
2013jn_09-03.jpg

特にホリゾンタル系トリックにか欠かせないローエッジ形状ですが、エッジが中心に移動しているだけであって、エッジがあるには変わりない、ということでベアリング際までボディのラインをエッジなしに設計した物です。
さらにエッジのでっぱりがなくなった分中心部の重量を外側に持っていくことが出来るので、説明にもあるようにトッポオン時間も長くなるということです。
これは中国の工場に製作を発注したかなり本格的なヨーヨーです。





ヨーヨー名:トップオンマシーン
出品者:よしばさん

2013jn_10-01.jpg
2013jn_10-02.jpg
2013jn_10-03.jpg

グラインドマシーンのリング部を削り、ラテラルキャップを装着してトップオンマシーンにしたもの。
ラテラルキャップはトップオンをするためのパーツなので、普通にトップオンが出来るヨーヨーになってます。
色もちゃんと合わせてあり、まるで専用キャップのようですね。





ヨーヨー名:振らないでください
出品者:ばーばさん

2013jn_11-01.jpg
2013jn_11-02.jpg
2013jn_11-03.jpg

コーヒーボトルのキャップをダンカンMODスペーサーを使ってヨーヨーにしたもの。
丸い物をヨーヨーにする。よくある発想ですが、これはそこではなくてタイトルのとおり「振らないでください」と書いてあるところに着目したところがとても面白いです。
ヨーヨーを回すことを「振る」という表現をしますので、こういうシャレ的なことも僕自身とっても好きです!

もちろんちゃんと振れますよ(笑





以上11点の出品でした。


そしてもうひとつヨーヨーホルダーの出品です。

ホルダー名:干しヨー
出品者:ばーばさん

2013jn_12-01.jpg
2013jn_12-02.jpg

二重にしたゴムをストリングで縛って、その間にヨーヨーを挟みこみ、それをメッセンジャーバッグ等のバンド部に取り付けて使うというもので、その長さの間であれば挟めるだけ付けられます。
まさに干し柿ならぬ干しヨーですね(笑

そしてその使用例のサービスショット!!

2013jn_12-03.jpg
見学に来ていた川田祐くんにモデルになってもらいました!!
さすが俳優でありパフォーマーですね。ビシッとポーズとってくれました!
ばーばさんのところに注文が殺到するかも(笑





出品作品の様子
2013jn_tenji01.jpg


その他展示として、海外の方の製作ヨーヨー、モッズレンジャー製作ヨーヨー、そして僕の製作したヨーヨーを展示しました。
2013jn_tenji04.jpg
2013jn_tenji05.jpg
2013jn_tenji03.jpg
2013jn_tenji02.jpg


そして最後に、今回1位になった方への贈呈ヨーヨーの紹介です。

前回書きましたが名前は「VERTIKAL」バーチカルです。
VERTICAL01.jpg
VERTICAL02.jpg
VERTICAL03.jpg
円周上に違う材種を使うヨーヨーは多く存在しますが、縦方向に配置した物はないのでは?それを回したら?という疑問、妄想がありまして作ってみました。

最後の画像は全パーツの写真です。

バーチカル02
回すと、メタルとクリアーのポリカーボネートのコラボで、なんとも不思議なカラーになります。
また光の当たり具合によって色の感じが変わり、マジョーラカラーのような感じにも見えます。

これで回ることが分かったので、さらにこのパターンで進化?させても面白いかな?とも思ってます。
いつになるかは分かりませんがご期待を!!



ということで、本当に今回は審査に悩みました。
まだ具体的には決まってませんが、次回開催が決まればレギュレーション的なものを加えるか、また内容を変えるか、何かしら変えていきたいと思ってます。
また決まればこちらで告知させてもらいたいと思ってます。
このような個人的な製作の発表の場はなくさないで欲しいという声もありますので、コンテストという形ではないにしても、続けていきたいと思ってますので、今後ともよろしくお願いします。

s.kon

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://skonworld.blog105.fc2.com/tb.php/128-c366ae84

 | HOME | 

Calendar

07 « 2017/08 » 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Appendix

s.kon

Author:s.kon

鳥取県

紺本 忍夫

本業:旋盤工

2004年ヨーヨー世界大会Mods部門で優勝してからヨーヨー作りやってます。
他には、映画「スケバン刑事 コードネーム麻宮サキ」のヨーヨー製作、日本テレビ「世界の果てまでイッテQ」の「ヨーヨーは何メートルまで戻ってくるの?」の巨大ヨーヨー製作

車、バイクも大好きで、時にはパーツの製作もやります。

Mail skon2002turbo@yahoo.co.jp



Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。